株式会社パンダビジョン

バリアフリー eスポーツ「ePARA2020」運営協力について

バリアフリー eスポーツ「ePARA2020」運営協力について
プロジェクト名バリアフリーeスポーツ「ePARA」
クライアント様ePARA実行委員会
詳細①広報業務
②SNS運用
③企業営業

いつもお世話になっております。

昨年に引き続き、障がい者が活き活きと働く機会の場となるeスポーツイベント「ePARA」を株式会社パンダビジョンは運営の一員としてサポートしております。

①広報業務

「ePARA」を広く知っていただくためにメディアプロモーションを行なっています。

掲載例:産経新聞(Web)4月21日掲載
メディアアプローチ、現場対応、取材調整を行いました。

https://www.sankei.com/sports/news/200421/spo2004210002-n1.html

②SNS運用

Twitter、Facebookなどの運用を行なっています。

フォローをお願いいたします!

③企業様への営業

ご支援いただける企業様への営業も行なっております。ご興味ある企業のご担当者様。ぜひお気軽にご相談くださいませ。